愛用25年の印鑑

イメージ画像

私の知人は物を扱うのが丁寧で、衣服や家電などを長い間使用しています。
その中でも最も長く使っているのが印鑑なのだそうです。
社会人になって初めてもらったお給料で買った印鑑で、お値段もなかなかのものだったそうです。
そのため、いつもケースに大事に保管しているようです。

購入してから25年経過した今も現役の印鑑です。
印面が大きく、材質が丈夫で、今は仕事でたくさん使っているけれど壊れる気配が一切ありません。
これくらい丈夫な印鑑だとうらやましくなります。
仕事での書類作成時や物品受領時などで、かなり使い込んでるはずですが、いつも新品のような見た目の印鑑です。
この印鑑で様々なシーンを歩んでいるのです。

私は数種類の印鑑を持っていますが、まだ買って数年の物ばかりです。
飽き性なので、新しいものに目移りしてしまい、既に買い替えのことすら考えてしまいます。
しかし、手持ちの印鑑を十分に使いこなせてないので、もっと大事に扱い長く使っていくことを考えていかねばと思うようになりました。
知人が25年使っている印鑑を見ればなおさらです。
物を大事に扱うこの知人は、手持ちの印鑑全て一度も買い換えた経験がなく、壊れたことも紛失したこともないのです。
内側がクッション性のある印鑑ケースを使用し、印鑑のボディーが傷つかないようにしているし、使った後には毎回拭き取りをしているそうなのです。

このひと手間が長持ちの秘訣だったと知り、勉強になりました。
私も印鑑を丁寧に扱い、常にきれいにしておくようにしたいです。



このページの先頭へ